2011年12月14日

Ever17 総評


Ever17 (初回限定版:2枚組サウンドトラックCD同梱)

Ever17 (初回限定版:2枚組サウンドトラックCD同梱)

未プレイで、神ゲーと聞いていたので期待してました。
大方の期待には応えてくれました><

【シナリオ】
この作品はプレイ前のネタバレ厳禁なので読みたい方は以下反転させてください。

いわゆる叙述トリック物。
つぐみルート、空ルート、沙羅ルート、優ルートをクリアするとココルートが解放され、
ココルートで謎が明かされる。
私も最初は並行世界の話かと思ってた人ですw
違和感を感じるところがあるのでそこからいろいろ予想するのが楽しかったです。
ココルート前の時点で同世界の別年代の話ということは確信してました。
思考停止して何も考えずにプレイした方がいいという意見もありますがw

泣き要素もそれなりにあると思います。
私はつぐみとホクトと沙羅の母子3人が抱きあうシーンで目頭が熱くなりました…(´;ω;`)

叙述トリックも伏線の回収の仕方も良かったですが、
私がこの作品で1番評価しているところは、
「プレイヤーの存在・視点を完璧にゲームの中に落とし込んだこと」です。
第三視点=プレイヤーの視点と気付いたとき以上の衝撃は、
もう他の作品では味わえないと思いますw
こんな作品は他に知りません。

惜しむらくは閉鎖空間における極限状態の緊張感が感じられなかったことや、
ほぼ同じ展開を何周もさせられることですね。
「ココルートまでがだるい」と言われてるのも理解できます。
あと、BWルートグランドEDは箱○版での追加だと思うのですが、
これも正直蛇足かなぁ、と思いました。
謎が残る部分もありますけど、そこはプレイヤーの解釈次第ってことみたいですね。



【キャラ】
最初に惹かれたのはつぐみでした。
当然最初にクリアしたのもつぐみルートw
他は優美清春香菜と空が好きかなぁ。


【グラフィック】
CGのクオリティはなかなか。
しかし、キャラの3Dモデリングはこれなら無い方が良かったと思います。
2D立ち絵が良かった。


【システム】
設定周りは特に不満なところは無かったです。
箱○でもプレイしやすかったです。


【音楽】
この作品のテーマ曲である『Karma』を始め、いくつか気に入った曲はありますが、
全体としては中の上くらいかなぁ……
コンポーザーは阿保剛氏ですが、同氏が手がけた「Steins;Gate」でも同じ印象でした。
テーマ曲の『GATE OF STEINER』は好きだけど他はそこまで…って感じです。
私はサントラ付きの限定版を買いましたが、別売りだった多分サントラは買ってないですw


【感想】
最近ではこの手の話は割りと良くありますが、その中の神作品だと思います。
発売された年代を考えると妄信的な評価も理解できますね。
これが2002年の作品だということに驚きを隠せません。

点数は93点くらいかなぁ、私の中でCLANNADとほぼ同格に並びました。
発売当時にプレイしていたら多分98点とか付けてたと思いますw
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

えむ

Author:えむ
アニメとSTGとえっちなゲームを嗜むごく普通の紳士です。

STG戦績
所有サントラリスト

累計
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ