2011年09月22日

水夏A.S+ 総評


水夏A.S+ ~SUIKA~ 通常版

水夏A.S+ ~SUIKA~ 通常版

水夏です!

【シナリオ】
常盤村という小さな村の夏に起こったいくつかのエピソードが章ごとに進んでいく。
「死」を基本テーマとした作品。
超現実的な話かと思ったら非現実的要素があった。
そうだね、CIRCUSだったね。

プロローグ

第一章

第二章

第三章

第四章

というような構成。
これとは別に+αのおまけエピソードもあります。
それぞれの章の間には直接的な繋がりはあまりありませんが、
どれも同じ村でほぼ同時期に起こる話です。
なのでところどころ交わる部分があって、
「あーここはこういう状況だったのか」って感じになって面白かったです。
視点がころころ変わる演出(特に一章)はなかなか面白いでしたが、
途中でやめて再開したときはどういう状況か分からなくなったりもしました。

第一章
少年主人公の立ち絵でわろうた。
伊月ちゃんの方がよかったんですけど^^;

第二章
長い。
みっちゃんルートがあったり、この章優遇されてる気がする。
みっちゃんルートが追加されたのはA.S+かららしいですが。

第三章
死という作品のテーマからは少し外れてる気がしますが、
読み物としては1番面白かったです。
ただ、暗示とか禁じ手だろw

第四章
ラストがどうなったのかちょっと分かりにくい。

おまけでは第0章が好きですね。


【キャラ】
特にお気に入りというのはいませんでしたが、
強いて挙げるなら上代萌かなぁ。
妹という立ち位置と容姿・言動が月姫の遠野秋葉と被りましたのでw
萌の立ち絵と声が追加されたのもA.S+かららしいです。


【グラフィック】
原画は七尾奈留先生。
七尾先生の絵は好きですが、さすがに時代が時代ですので古臭さを感じてしまいました。
しかし、これは時代補正で大して気にならなくなるレヴェルでもあります。
このゲームえっちぃシーンを使うのは正直厳しいと思います。


【音楽】

『夏の終わりに…』
『心の奥に秘めたもの』

BGMではこのあたりが好き。
OPのFragmentもいいですね。
全体としては中の上くらい。


【システム】
昔の作品なので気になる部分はやはりありますね。
Ctrlでスキップはできるけど、スキップモードがなかったり。


【感想】
思いのほか量がありました。
短いと聞いてたのでなおさらそう感じたのかもしれません。
コンプリートには15時間以上はかかったと思います、20はいってないと思いますが。
非現実的要素があると思ってなかったので期待してたのと違った感はあります。
まあそれはCIRCUSってことを失念してた私が悪いのですが。
10年経ってますが色褪せてないと思います。
82点、名作。
伊月ちゃんがよかったなら一章は解決ですね><
今でこそありがちな内容かもしれませんが10年前の作品なのでやった当時はかなり新鮮でした。
[ 2011/09/22 07:37 ] [ 編集 ]
>>ATさん
ATさんと同じく私も三章が好きっぽいです。
今度語りましょうw
[ 2011/09/23 00:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

えむ

Author:えむ
アニメとSTGとえっちなゲームを嗜むごく普通の紳士です。

STG戦績
所有サントラリスト

累計
最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ