スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-)
2013年05月18日

ジニー時代

【サガフロンティア2】
すでに最後のメガリスに到達してやることも終わりました。
最後のメガリス手前までのプレイレポートを。


・1300年 偽ギュスターヴ誕生
最初プレイしてたときは、
野盗の言う「ギュスターヴの証」というのがエッグかと思ってましたw
そうではなくて偽ギュスターヴはこのときすでにエッグを所持していますね。
設定資料集によると、エッグ所持者の名はデーニッツ。
虫のメガリスの調査に来ていたところでエッグを拾ったらしいです。


・1301年 エーデルリッター
ここのスライムはいろんな意味でトラウマ。


・1303~1305年 和平会議
ナのショウ王が介入したことで後継者戦争はますます複雑化し、
収拾がつかなくなっていました。
長引く戦乱に諸侯はみな疲弊していたため、
ショウ王が亡くなるとすぐさま和平会議が開催されるのですが、
みな自分の権利を主張するばかりで一向に会議がまとまらない様子が描かれています。


・1305年 ジニーの旅立ち
サガフロ2の最終皇帝ヴァージニア・ナイツ。
ジニー「先帝リチャードの無念を晴らす!」


・1305年 ジニーの冒険
やってきました、大ミミズの穴。
ここでジニーを上限Lvまで上げます。
プルミエールは体術・斧・槍を。

まず、スライム(上昇Lv24)相手に強化します。
必ず2体で出現するので戦闘をルーチン化しやすいです。
スライムで上限Lvに近づいたら、Pキャリアーアント(上昇Lv28)にシフト。
Pキャリアーアントで上限まで上げたら、Dキャリアーアント(上昇Lv33)で仕上げ。
これがきつい。
キャリアーアントはHPが高く、アーツ合成なしだと1ターンではなかなか倒せないし、
「かみくだく」を使ってくる確率が結構高い。
(敵味方関係なくアーツ合成が成功すると乱数補正値が半減)
50~60時間くらいでジニーは全系統、
プルミエールは体術・斧・槍を上限まで上げました。




あと、グスタフで魂の歌を学習、閃き・学習不可能なからすとうさぎや術技を合成しました。
これで術学習は完了、残るアーツは閃き難度50の技だけです。
これらは最後のメガリスのナックラヴィー相手に閃きます。


・1305年 巨虫のメガリス
残しておいたストームランサーとのデュエルでジニーの体術Lvを49→50に。


・1305年 エッグを追って
年表で見るとこのシナリオはハン・ノヴァの戦いより前なのですが、
ノースゲートからテルムへ移動するとハン・ノヴァの戦いが終わっています。
移動中に戦いがあったということでしょうね。


・1305年 ハン・ノヴァの戦い
チャールズ戦死の報に慌てふためく諸侯の中で会議をまとめるデーヴィド。
和平のためにある意味では父の死すら利用したとも取れる政治手腕がすさまじいですね。


・1305年 ギュスターヴの陣営へ
ここのシナリオでの目的はミーティアの徹底強化。
具体的にはWPを250まで上げることですね。
スキルLvはPキャリアーアントの限界まででいいのであまり意識しなくていいです。
ここでも40~50時間くらい戦ってたかな。
他はペッグハートやヴァレリアハート入手したり。
もうひとつ重要なのは炎の将魔戦でジニーの体術Lvとウィルの水Lvを同時に上げること。
ジニー体術Lv50→51、ウィル水Lv52→53に。


・1305年 サウスマウンドトップの戦い
ウィル編で唯一キャラ操作のないシナリオ。

シナリオ後フォーゲラングの岩荒野へ行き、
Dランドアーチンでミーティアの体術・斧Lvを限界まで上げる。
(Pキャリアーアントから2上積み)


・1305年 サウスマウンドトップの戦い
みんなのトラウマサウスマウンドトップ。
S・M・T!S・M・T!
まあ普通にクリアしました。
撤退失敗を使わずに敵を全滅させた動画を見たことありますが、あれはまじですごい。

クリア後のテキストが全文素晴らしい。

サウスマウンドトップの戦いの後、
諸侯はハン・ノヴァに集まった。
和平条約の正式調印のためである。
世界中のほとんどの諸侯・自由都市が
参加したこの条約は、
その調印地の名を取り、
ハン・ノヴァ条約と言われた。

調印後、幾人かの諸侯が演説を行った。
条約の中心人物
ヤーデ伯デーヴィドの演説が今に伝わる。

デーヴィド
「皆さん、我々はようやく、ここにたどり着きました。
世界中の人々が集い平和のために力を結集したのです。
しかし、ここに到るまでには多くの汗と涙が流され、
多くのアニマが失われました。
この尊い犠牲を忘れてはなりません。

そしてまた、この平和は多くの先人達の労苦に負う
ものでもあります。
特に、このハン・ノヴァを建設したギュスターヴ
公は鉄と技術で新しい時代をもたらしました。
皆さんの中には、ギュスターヴ公はそれまでの秩序
を破壊し、戦いと混乱を招いたとお思いの方もある
でしょう。
しかし、ギュスターヴ公が我々に教えてくれたのは
人間は自分の意思で、自分の思うものに成れるのだ
ということです。
人がいかにあるかは、生まれやアニマで決まるので
はないと、身を持って示されたのです。

また、ギュスターヴ公の周りでは多くの人々
が、公を支えました。
ギュスターヴ公のような人物でさえ、友を、
信頼できる仲間を必要とするのです。
我々ならば、なおさら協力が必要なのです。

本来ならば、この場に立つのは
父チャールズでありました。
私は不才ながら、全力を尽くして、この
条約を守り抜く覚悟であります。」

その言葉通り、デーヴィドは条約を護り抜いた。
彼のアニマが自然に帰るまで50年間、
この条約は生き続けた。
人々はこの時期を、
「デーヴィドの平和」と呼び、
千年の後まで彼をたたえ続けた。

そして、Rückerinnerungをバックに流れるギュスターヴ編の回想。
このRosenkranz→Rückerinnerungは本当にやばい……
この作品で私が1番好きな曲がRosenkranzで、1番泣ける曲がRückerinnerungです。


・1306年 北大陸奥地へ
メガリスドラゴン戦でドミナントグラブを入手します。
中・低確率の2回判定があるのでそれほど苦労はしませんが、
前哨戦で3戦あるので面倒です。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

えむ

Author:えむ
アニメとSTGとえっちなゲームを嗜むごく普通の紳士です。

STG戦績
所有サントラリスト

累計
最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。